ブレーカーが落ちることでお悩みの方へ(捨て身兎 4話)|リノベーション・注文住宅なら山口県【株式会社創輝planning】

ブログ

周南市・下松市のフルリフォーム・リノベーション・注文住宅なら株式会社創輝planning

  1. 山口県下松市【株式会社創輝planning】ホーム
  2. ブログ
  3. ブレーカーが落ちることでお悩みの方へ(捨て身兎 4話)

ブレーカーが落ちることでお悩みの方へ(捨て身兎 4話)

2020年01月22日

良くブレーカー(分電盤)が落ちる方、急いで直したいとお考えではありませんか?

 

ブレーカーが落ちる要因としては、落雷による誤作動、劣化や小動物により配線が

傷つけられ漏電を起こすこと、そして最も身近な問題はレンジとポットを同時に

使った時などに落ちることがあるといったものでしょう。

 

新築のブレーカーはこのようになっています(施工例)↓

CIMG5079.jpg

 

現在設置されているご自宅の物と比較してみて下さい。

今は基本的に50Aが標準的な電流量で、逆に古いお宅は20A~30Aと半分位しか

電気が来ていないと思います。一番大きなレバーに既存の分電盤のアンペアが書いて

あるのでご興味のある方はみてみて下さい。

※但し、数字はあくまで分電盤の対応電流量であり電力会社との契約により実際の

量はことなります。詳しくはご契約の電力会社にお問合せ下さいませ。

さらに、部屋ごとに小さなブレーカーに分かれており、エアコンや冷蔵庫などの消費

電力が多いものに関しては専用回路が設けられ、各部屋の電力供給の妨げにならない

ように工夫がなされております。

 

リフォームをお考えの際は、分電盤や送られてくる電流量も考え幹線の交換が必要で

あるかも確認することをおすすめ致します。先ずはご相談ください。

 

 

★お客様の声

・エアコンを後付けしたので、普通のコンセントから電気を取っていました。

エアコンを使うと何も使えない状態が続いていましたが、リフォームと一緒に

分電盤を交換する提案をして頂いたおかげで何も考えず電気が自由に使えるように

なりました。もし、提案がなかったら後悔していたと思います。

・炊飯器を炊くときは必ずポットの線を抜かないと炊けませんでした。

電気の量を増やしたことで家事が楽になりました。色々説明してくれたので

解りやすかったので大工さんの言うことを素直に聞け、やって正解でした。

・リフォームをする時、普通なら古い配線を少しは残しそうなものだが、創輝

planningさんは全部替えてくれると聞いて安心しました。ネズミやイタチが

良く出ていたので、古い配線に信用がなかったので、分かってくれている気が

し、信頼できた。

 

など…

 

毎週末の日曜日に下松にて古民家見学会を開催しておりますのでお気軽にお悩み

相談をしにお越し下さいませ。

☎0833-48-9120

 

見学会の情報はこちら→https://www.soukiplanning.com/news/

 

 

捨て身兎の続きはこちら→3月公開予定

 

usagi4.jpg

記事一覧へ

お見積り無料!注文住宅・リノベーションならお任せください!

TEL0833-48-9120

【電話受付時間】10:00~19:00

【定休日】水曜日

※作業時間は相談に応じ変動可能です。

ご相談はこちら

まずは無料見積依頼!

TEL0833-48-9120

【電話受付時間】10:00~19:00

【定休日】水曜日

※営業時間は相談に応じ変動可能です。

※営業電話はご遠慮ください。

メールフォーム

〒744-0061 山口県下松市大字河内1967-2

リノベーションや新築注文住宅、古民家再生等をお考えの方は山口県下松市「株式会社創輝planning」までお気軽にお問い合わせください。
長年の大工としての経験や設計の知識、大手会社の営業経験からお客様に合った最適なプランをご提案します。
古民家再生を行った自宅の見学会も開催しております。

話を聞くだけでも価値がある

古民家再生を行った自宅の見学開催中(要予約)

空日はカレンダーをご覧ください